アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jul    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

オススメリンク

ドアの修理は専門のサービス業者へ依頼しましょう。自分では出来ない作業こそプロへ依頼する事をオススメしますよ。
ドアノブ交換をして防犯対策として活かしましょう!施行をする事でピッキングや空き巣などの被害もなくなりますよ。
扉を開ける時に必ず掴むドアノブは知らないうちに故障しているかもしれません。ドアノブ修理ならそんな故障もすぐに直してくれます。一度専門業者に相談をしてみるのがいいかもしれませんね。

iconドアの修理の情報

道路を挟む

ドアの不具合の原因は様々です。
ドア本体を交換する方法もありますが、不良になった部品を交換したり、ねじの締め直しなどの修理をすれば直る場合があります。

鍵(シリンダー部)の不良により、鍵が回らない場合は、シリンダー部の交換をする必要があります。
丁番の不良は、動きが硬くなったり、異音がでたり、変形により正常に開け閉めできなくなる場合があります。
丁番を新しいものに交換すれば直ります。
ドアが枠とあたり閉まらない場合の修理は、丁番を交換しなくても、丁番の取り付けねじが緩んでいる可能性がありますのでねじを締め直します。
ハンドル部は、経年劣化によりぐらつく場合が多く、分解して緩んだビスを閉め直せば、修理完了で、正常になる場合が多く有ります。
ドアクローザー自体が不良の場合は、クローザーの交換が必要ですが、多くの場合、スピード調整で正常になります。
閉じ速度は、第1速度区間、第2速度区間があり、それぞれ調整ねじを回し調整します。
調整ねじを左右のいずれかに回し適正な速度に合わせます。

ラッチングアクション調整ねじがある場合も有り、ドアが閉鎖位置直前まできた時点ですばやく閉める機能です。
風が強く閉まりきらない場合に調整ねじを回すとすばやく閉まるようになります。
クローザー本体にがたつきが有る場合は、クローザー本体固定ねじが緩んでいる為、しっかり閉め直します。
クローザーから油が漏れている場合、ドアクローザーの寿命であり、油を補充して油圧を調整し、修理することはできませんので、ドアクローザー本体の交換が必要になります。

お宅を訪問して最初に眼にするのが玄関です。
このドアのガラスが破損していたり、汚れていたら・・・インターホンを押される前に印象を損ない、又、ドアを開ける際に戸車が壊れていたりして開きにくい状態でも、もどかしい思いをさせたりします。
玄関だけに限らず、家の多くの場所に、その場所に適したドアが設置されており、場所の使用頻度によって開閉回数が多い場所もあり、劣化が進む箇所があります。
その一つに、防犯上大変重要な役目を持つ鍵の不具合があり、長年使用していると各箇所の接触部分に、摩耗やズレが生じてしまい、施錠、解錠に時間が掛かってしまう事があり、そのまま使用し続ける事によって、調整や修理も出来ない状態になてしまう事があります。

不具合箇所によっては、個人で修理や部品交換をする事も出来ますが、破損箇所の部品によっては、ホームセンター等に置いてないモノもあり、増してや鍵やドア自体を個人で交換するのは、非常に難しいものです。
最近のドアや鍵は、防犯上からも設置個所や場所、環境に応じた各種タイプがあり、紛失や見失う頻度の高い鍵においても、カード式やワイヤレスと生活スタイルに応じた、便利な機能のタイプも選べたりします。
修理や交換に工具を片手に悪戦苦闘されてる方も、信頼出来る業者を選んで、修理や交換を依頼するのが賢明な方法です。
修理・交換したドアでお家もイメージアップ、お客様も気持ち良く、暖かい心で出迎えましょう。

icon防音ドアの交換施工

素敵な家

ドアとは、出入り口に設置して用いる建物の部品です。
部屋の出入り口に設置され、必要に応じて開閉することができるのが特徴です。
ドアを閉めると、部屋の空間内が独立したスペースとして利用できるようになります。
ドアは、防音にも大きな効果があり、出入り口が開放されたままでは、音の振動が直接部屋を出入りしてしまいます。

そのため、防音性能が著しく低下してしまいます。
防音を果たすためには、音が出入りしないように密閉空間を作り出す必要があります。
扉が出入り口を閉じることにより、防音の役割を果たします。
またさらに、大きな音や騒音を防ぐための高い防音性能を持ったドアを導入することも方法です。
騒音は、生活のクオリティを下げるマイナス要因です。

たとえ壁や窓に防音のための措置を施してあったとしても、ドアに十分な防音性能がなければ、音に悩まされることになります。
防音用扉の交換修理を行えば、これまで悩まされていた騒音問題から解放されます。
防音用ドアの交換修理には、防音施工に高い技術力を持つリフォーム業者に任せれば安心です。
部屋の状況やさらには悩まされている騒音の種類に合わせて、適切な防音効果を持つ扉へと交換修理してくれます。
防音を最大限に果たすためには、音の周波数に対して適切な防音効果を発揮する部材を選ぶ必要があります。
防音用扉の扱いに慣れている業者であればこそ、確かな防音効果を発揮するドアへの交換修理がやり遂げられます。